不動産の需要

では、まず不動産投資における基本的なことについて取り上げていきます。そもそも不動産投資とは、日本の不動産会社、または不動産を買い上げる投資家が、国内または海外の不動産に対して投資を行う方法です。その「不動産」には、住宅や商業施設が含まれます。なぜそういった施設が投資の対象となるのでしょうか。

例えば、ある開発段階の都市があるとします。そこはその国において人と技術が集まる、最先端の街になるはずです。ということは、これからどんどん人口が増えていくかもしれません。そして人口が増えていく、ということは、いわゆる「住宅」の需要が増えます。住宅の需要が増えるということは、いわゆる「不動産」への需要が高まっているということです。

そこで、人がより入居しそうなマンションに「投資」を行うことにより、そこに多くの人が入居することにより、多くの収益を得ることができます。これが、いわゆる『不動産投資』の方法です。

不動産投資をより行いやすいのは、これから発展し、不動産への需要が高まっている地域です。日本国内は、この点において飽和状態にあると言えます。ですから、近年では『海外の不動産』への投資がさらに注目されています。

不動産投資とは何か

皆さんは、『投資』という分野に関して、どのくらいのことをご存知でしょうか。全然知らない、という方もいれば、自分は詳しく知っている、という方もおられるでしょう。日本において『投資』というのは決してマイナーな分野ではありません。将来…特に老後の暮らしについて保障されていない時代ですから、私達はその中で生きていかなければなりません。その中で、何も老後のために蓄えがないとなると、不安です。果たして年金をもらうだけで生活をしていけるのか、という不安があるでしょう。そういった悩みは多くの方が同様に持っておられます。もちろん、私達は10代、20代のころから老後について悩むことはほとんどないかもしれませんが、それでも、『備えあれば憂いなし』であるのは、この分野に関しても同様です。

さて、もし現在資産を全く持っていない方は、その資産を作り出す方法をまず考えなければなりません。といっても、最初はコツコツ行うしかないでしょう。既にある程度の資産を持っている、という方は、『投資』によって、効率よく資産を形成したい、と思われるかもしれません。いわゆる『投資』には、リスクがある方法もありますから、慎重に選ぶ必要があります。その中でも、『不動産投資』という方法があり、これが現代特に注目されている投資方法です。ではそもそも、不動産投資とは何なのでしょうか。不動産投資を行うことによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。そういった点を取り上げていきます。